仕事と会社に行き詰り感を感じて始めた転職活動でしたが、転職サイトや転職エージェントを使って就活を初めて数か月・・・なかなかここ!と思える会社がみつからず、面接を受けた会社もあえなく惨敗・・・成果のないままに時間だけが過ぎていきました。

転職はしたいけれど、どこでもいいからというわけではない、自分が意欲を持って働ける会社にこそ転職したいという思いだけが強くなって、どうやって進めていけばいいかが分からなくなってきていました。
そんなある日、知人の紹介で会社のとある会社の人事部で働く方とお酒の席でご一緒する機会があり、世間話程度にそんな転職活動の現状を話していたところ、「企業が採用募集を転職サイトなどに出すのは、タイミング的に結構あとの方ですよ」という話を聞いたのです。考えてみればなるほど、という感じでしたが、確かに転職エージェントや転職サイトを使って採用活動を行うのは、企業にとっても費用のかかること。だからこそ、そういった所に採用情報を出していない会社でも、「そこまで緊急性はないけれど、誰かいい人材がいれば検討したい」と考えている会社は結構あるのではないか、ということだったのです。

その話を聞くまで、私は「採用情報を出している会社にしか応募できない」と考えていました。ですから、転職サイトに掲載されている会社や転職エージェントから紹介してもらう会社の中から選ばなければいけないのだと思いこんでいたのです。ですが、もしそうではないのであれば、もっと候補を広げて自分の興味の持てる会社を探せるのではないか・・・そう思った私は、早速家に帰ってから、インターネットで自分が興味をもっている業界や職種などのキーワードを使って会社を検索してみました。そして、教えてもらった通りに、「もし現在募集を受け付けていらっしゃるのでしたらぜひ一度機会を頂きたい」という旨をメールで連絡し始めたのです。すると、そのうちの何社かから書類を送ってくださいとのご連絡が。そうやって選考を進めたうちの一社にご縁があり、ついに自分が納得のできる転職先をみつけ、内定を勝ち取ることができたのでした。
就職活動がなかなかうまくいかず、気持ち的に追い詰められていくと、ついつい視野が狭くなってしまうような状況は誰にでもあるのではないかと思います。私の場合は、タイミングよくたまたま知り合った方のアドバイスがうまくあたって本当にラッキーだったと思いましたが、煮詰まってしまったときにこそ、違うアプローチをとってみたり、考え方を変えてみたりして、気分を変えてトライしてみることが必要だったのだな、と思えた体験でした。