大学時代、就活をしていた頃に憧れていた仕事がウエディングプランナーでした。もともと人と接するのが大好きで、何かそういった仕事に就きたいと考えていた私でしたが、ウエディングプランナー職の募集を見た時、当時の私は「これだ!」とひらめきました。サービス業の中でもウエディング業界は華やかで、幸せそうな雰囲気で・・・そんな印象がありました。
ですが、やはりウエディングプランナーは人気職・・・私の友人にも同じようにウエディング業界への就職を希望していた人が何人かいましたし、どの会社も応募多数で、会社説明会の予約もすぐに埋まってしまうような状況で、ウエディングプランナーになるのは「せまき門」と言われていました。

私も頑張って何社か選考を進めてはいたのですが、その中で一社、「この会社で働きたい!」と感じるところがあったものの、残念ながら最終面接のひとつ手前で落ちてしまいました。
その後、色々検討し、業界の範囲を広めてもう一度就職活動をやり直し、なんとか、IT関連のとある会社から内定を頂くことができ、営業職で就職することとなりました。

一般的によく言われているように「せっかく入社したのだから3年間はがむしゃらに頑張ってみよう」と仕事に取り組み、ちょうどその3年目を迎えた頃、今後のキャリアについで考えだすようになりました。
営業の仕事はやりがいがあるし、会社にも不満があるわけではないけれど・・・でもこのまま次の3年を過ごしていいのかな・・・とぼんやりと転職サイトを眺めていたとき、ふと「ウエディングプランナー募集」の文字が目に飛び込んできました。新卒の時に「ここで働きたい」と思った、あの会社でした。

「ダメ元」で応募書類を送ると、面接に来てくださいとの返事が。面接で新卒の頃から憧れていたこと、どうしてもやりたい仕事であることを伝え、その後3年間で身に付けた経験などをお話し、ついに内定を頂くことができました!
後から人事の方に伺ったのですが、ウエディングプランナーという職業の特性上、社会人経験のない新卒社員よりも、年齢的にも社会人経験的にも新郎新婦とつりあう中途社員の方が、職業適性が高いという考え方もあるとのことで、会社によっては中途採用枠の方が比較的ウエディングプランナーになりやすい場合もあるとのことでした。そういう点では、ちょうどいいタイミングで選考を受けたのがよかったのかもしれません。ですが何より決め手になったのは、3年前と比べて私に成長が感じられたことだったと言って頂いて、本当に嬉しく感じました!諦めずに再チャレンジして、結果を出した自分をすこしだけほめてあげたいなと思いました